スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿 藤原岳

TK1_7217b.jpg
Nikon D700

花の百名山、藤原岳。
鈴鹿セブンマウンテンとしては最北端の山です。
自宅から40分ほど。予想以上の人気に驚きました。




駐車場 〜 大貝戸道 〜 藤原山荘 〜 藤原岳山頂 〜
藤原山荘 〜 天狗岩 〜 藤原山荘 〜 駐車場


登山口に一番近い(すぐ隣)駐車場は AM 8:00 の時点で満車でした。


結局、この登山口から10分弱はなれたパーキングに駐車しました。


鳥居の右脇から大貝戸登山道はスタートします。


4合目。程よくスペースがあり休憩スポットとして人気のようです。


マイナスイオンたっぷりなトレイル。サイコー♪


もうとにかく前半は登りっぱなしです。9合目付近から岩場が増えてきます。


登山者は多めでしたがわりと静かに気持ちよく歩けました。


藤原山荘到着。その昔はかなり大きい山荘でスキー場もあったそうです。


現在は建物も小さくなり宿泊不可。避難小屋として活用されています。


山頂はこの先。この辺りから少しずつ天候が良くなってきました。


歩きやすいトレイルが続きます。


ここから一度下って、最後にひと登りさせられました。しんどい。


藤原岳山頂。山頂は岩場でした。


登山者は10組ほど。ここで軽く昼食をとります。


おにぎり1つとカップラーメンミニ。正直もの足らなかったです^^;


コーヒーを堪能しながらマッタリ。前方には竜ヶ岳。


休憩もそこそこに藤原山荘まで歩いてきたトレイルを戻ります。


山荘前の広場は登山者で賑わっていました。この後どんどん増えてました。


今回は藤原山荘からさらに奥へ歩き天狗岩までピストンします。


御池岳方面へ15分ほど行くと天狗岩に到着。


眺め良し!尖ったピークが昼食をとった藤原岳山頂。


天狗岩も人気スポット。ひと多かったです。。


しばらく景色を堪能したあとは山荘まで戻ります。


山荘の裏はかなり広い空間が広がります。


色のコントラスト最高です。めちゃめちゃ気持ちいい!


スキー場はこの辺りだったんでしょうか。テントハリタイ空間です。


藤原山荘を経由して大貝戸コースを下山します。


一気に下山しました。キツかった。。気づいたらキャップが...


程よい疲労感。集落をしばらく歩いて駐車場まで戻ります。オツカレサマ。





藤原岳は自宅から40分ほど。
さらに実家からは30分弱の距離です。

小さい頃からほぼ毎日見ていた山ですが、
セメント会社の鉱山になっていて山肌が削られ
あまり好きな山ではありませんでした。

今回、登ってみて良かったです。
山荘周辺は下界からは想像できないロケーションで
正直ビックリしました。

どちらかというと好みな山でした。
花の百名山ということでカメラを楽しむハイカーや
年配ハイカーにかなり人気が高いようですが、
そういう目的でなくても満足できる山だと思います。

次回は藤原山荘を拠点にして
御池岳〜鈴北岳まで縦走してみたいです。

もちろん山ヒルが出なくなったころに。







スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://yamanotoki.blog.fc2.com/tb.php/271-98a2b235
Profile

tac

HN:tac
twitter:@yamanotoki_tac
Instagram:tac

Instagram


Instagram
Entries
Category
Archives
Link
Search
Tag
Mail
メッセージはこちらからドゾ...

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。